(株)ヒカリシステム社長 |千葉県中心にパチンコ店、カラオケ店、介護事業、システム開発、YouTube、サイト&動画制作など幅広く経営

  1. 休日

How might WE?

早くも11月、霜月です。ちなみに、Google日本語入力で「じゅういちがつ」と入力しても、2020/11/01現在では「霜月」なる漢字は出てきません。どうでもいい話ですが。

本日、昼間は2箇所の現場とライバル店視察の後、10月の月次決算をチェックしながら(日曜日にも関わらず、しっかり月初日に数字を出してくれるサービスグループの仲間に感謝)、コロナ騒動からの回復が頭打ちになる感じと、自律的に・確実に結果を出せる分野での必死の成果を拝見しつつ、経営の根源である「価値創造」に向けて、「創造」の手を緩めることがあってはならないと、見たくもない数字で現状の問題を指し示してきます。

ちなみに、「Googleトレンド」で「忘年会」という単語を調べると、2019年10月20日〜26日の人気度指数が「18」だったのに対し、2020年10月25日〜30日の人気度指数は「7」で、更に過去の数字(27→24→24)と比べてみても、概ね1/3の検索ボリュームしかありません。一体何軒の飲食店が年を越せるのか、背筋が凍る思いです。

とはいえ、「できない理由」より「どうすればできるか?」という基本姿勢、言うのは簡単だけど実行している人は少数派、という現実と向き合いつつ、奇抜な思いつきではお客様への深く長いお役立ち存在にはなり得ないという真理に向き合うためにも、チームの想像力・創造力をもっともっと解き放ち、お客様の生活にお役に立ち続けるためのウォンツの解消・ニーズの充足・シーズの探求という長い旅路はまだまだ続きます。ウジウジと病気がどうとか言って過去を懐かしんでいる場合ではない。

旅の情報を色々探す中で、「幸福学」を研究する前野先生のお考えに接する機会がありました。「幸せの4因子」なるフレームワークですが、こちらの最後の部分だけを(自分の悪い癖ですが)チョイとひねらせていただくと

自己実現と成長(やってみよう)
つながりと感謝(ありがとう)
前向きと楽観(なんとかなる)
独立と自尊(あなたらしく)

というキーワードに集約されるそうで、不安にかられている自分を見つめた時、自己の中での過不足を理解するに、比較的しっくりくるものがあります。

もちろん現場では抽象的な綺麗事では済まない、具体的で細々どろどろした課題もたくさんありますが、抽象と具象・分析と統合・拡散と収束を繰り返すことで、素敵な蒸溜酒のような「雫」をぽたりぽたりと垂らしていきましょう。

ということで、今週読んだ本は下記の通り

休日の最近記事

  1. 心歪解消!

  2. 奥の細道!

  3. How might WE?

  4. 趣味の多角化!

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。