(株)ヒカリシステム社長 |千葉県中心にパチンコ店、カラオケ店、介護事業、システム開発、YouTube、サイト&動画制作など幅広く経営

  1. グルメ

天下春分!

二十四節気って、自身としては馴染みがあるようで馴染みがないというか、断片的には耳にするけど体系的に利用することもないシステムなんですけど、そもそも春と秋は昼と夜が半「分」になる日、夏と冬は昼夜それぞれが最も長い時間に「至」る日っていう理解でいいのか、詳しい方いらっしゃったらぜひご教示いただきたい系の仕組みです。


前置きはさておき、そんな春分の日に以前からお世話になっている茨城の先輩経営者にお誘いいただいて、新たなお客様となったラーメン屋さんに行きましょうということになりまして、首都圏ではマンボウ最終日となった3月21日春分の日にお邪魔してきました。
学生時代から通い詰めている帝国系ラーメン屋さん(というと、あれはラーメンではない、独自の食べもんだという派の方もいるそうですが)の一番新しい暖簾分けをしたお店で、おそらく帝国系のお店では世界で初めてコンビニエンスストアの跡地に出店した店舗です。
従来のセオリーでは「大学のそば」という立地を選択することが多かった帝国軍ですが、今回の立地の様子を伺うと周囲にそういった施設は無いそうで、まさに「新しい時代に即した帝国営業」ということになり、その立ち上がりが周辺の飲食店が新コロによる法令的・社会的行動制約によって停滞する中、極めて滑り出し順調だったというお話は喜ばしいことです。
藤澤オーナーにおかれては、king of帝国軍目指して、くれぐれもご自愛いただければと存じます。

22日からは「まんぼう終了」という喜ばしいステップに入っていくわけですが、長いこと助成金という麻薬に慣れちゃったクラスターの人にとっては、いきなり麻薬を断ち切られた、冷や水に感じられるのでしょうね。
従業員の確保など、長い冬が終わり急激な気温の上昇で人も店舗も企業も真価を問われる季節に突入です。
元気と電気と現金をしっかり用意して、新しいステージに向かっていきましょう。


新しい時代に向かう、といえば、今年も各種政治日程が満載です。
高校時代の同窓生が骨肉の争いを見せてしまっていた、某地方自治体の首長さん選挙も無事終了したようですが、7月には3年ぶりの参議院選挙があります。

選挙については当然そのルールについて開示もされてますし、学校教育において(自分たちの時代は)「公民」という科目で勉強したはずなんですけど、選挙制度の変更変更また変更ということもあって「わかっているようでわかっていない」ことが、言われてみれば結構あるわというネタなのではないでしょうか。
かくいう私も、お恥ずかしい話30代ぐらいまではとんと無頓着で、「新しいこと言ってくれる政党のほうが頭良さそう!」ぐらいにしか思っていなかったわけですけれども、年も年になってきて、自分たちの家族・企業・産業・地域の命運に影響する、とても大切なものだということに認識が改まってきました。

ということで(?)マンボウ明けを祝しつつ、昔から業界の勉強会でお付き合いの続く皆様と、懐かしの会場でワイワイコミュニケーションを久々に堪能してきました。


その翌日は、業界の一時代を支えていただいた先輩経営者のお別れ会からの、近未来を見据えた内緒秘密の社中協力とかした後に、某マスコミの役員、某省庁のトップをお勤めになった先輩をご紹介いただいての大人の会食でした。
お二方含めた、参加者全員が同じ干支ということが判明してから、急速に会話が盛り上がり、やはり人は共通点を持つことで親近感が湧くんだなぁということを確認しつつ、高度成長期を駆け抜け、バブル後の世の中を託した後進の不甲斐なさをジワジワお感じになっている、亡父と同世代の方々の、たいへん示唆に富んだ前向きなお話を伺うことができたことは、前しか向かねぇ!モードの我々にとっては元気の素となりました。

席で拝聴したお言葉の中で「日本はルールを変えなさ過ぎる」「年令に関係なく若い行動が重要」「隣の芝生は青く見えるけどそんなに青くない」「変人の集まりが原動力となる」「広報を優秀な人材の登竜門とするべき」という趣旨のお話が印象に残っています。

当然といえば当然の話しなのかもしれませんが、実績に基づいている人のお話は、やはりすっと染み込んでくるものです。
「これからは若者の触媒となりたい」というありがたいお言葉に、可能な限り甘えてみたいとも思います。ご縁に感謝いたします。


そんなこんなで、人の営みに、お天道様からしてみれば些細な変化が起きていようと、地球は自転と公転を続けており、したがって四季もしっかりやってくる。
桜の花は様々な人生模様のメタファーとして使われてきていますが、ワイガヤのコミュニケーションを取った後に、ふと一人でこの時期のこの花を見つめる行為は、脳内情報の整頓にすごくいい環境なんではないかと思います。

春分の日、マンボウの終了、多くの企業の年度末、急激に回復してくる人と人との交わりと、伴い生じる解決するべき課題の数々。

2020年始から世界中の行動様式に影響を与え続けている感染症が「特別」ではなく「日常」の存在になる日も迫っている中、いい意味でも悪い意味でも「言い訳」をせず、未来に向けて、未完の「今」をしっかり変えていきます。


Google Workspace導入支援サービス

「クラウドサービスなんて、全く触ったことがない」「無料版のGmailなら使ってるけど、有料版の導入は面倒くさそう」「そういえば有料版を導入してたけ使いこなせていないなぁ」

→こんな、使う前のお悩みを解決します!

Google Workspace教育支援サービス

「Googleで何ができるの?」「現場作業だからデジタルは難しい…」「自分で使うのはなんとかなるけど、人に教えるとなると時間が足りなくて…」

→こんな、使い始めてみてのお悩みを解決します!

Google Workspace活用支援サービス

「個人的には便利だけど、これ以上どう使えばいいの?」「情報量が増えすぎて、情報の整頓が追いつかない」「外部のシステム会社に頼むにも、時間とお金がかかりすぎる」

→こんな、更に業績↑を狙い始めたお悩みを解決します!

グルメの最近記事

  1. 反転攻勢3!

  2. 反転攻勢2!

  3. 反転攻勢1!

  4. 記念日祭!

  5. 夏季特訓!

関連記事