(株)ヒカリシステム社長 |千葉県中心にパチンコ店、カラオケ店、介護事業、システム開発、YouTube、サイト&動画制作など幅広く経営

  1. デジタルガジェット

二重通信!

先日の深セン視察の時に、中国の通信環境を実感する中で、少し道具を変えてみようと思いました。

まず滞在中に使っていたのはVPNという機能です。なぜ中国でVPNが必要なのかの理屈はこちら。具体的にはFacebookやGoogleのサービスが中国国内では使えない。ほぼすべての業務をGoogleのサービスで実施している当社にとっては致命傷です。
今回は出国前に比較サイトでいくつか見比べる中で3日間の無料試用期間があったこちらのサービスを利用しました。途中、ストレスはあるものの、なんとかかんとか繋がりました。

で、滞在中他のメンバーの方で香港のSIMを使えばVPNソフト入れなくてもGoogleやLINEつながるよと言われて、今後はSIMフリーの端末使おうかな、と思った次第です。
ちなみに検索して出てきたのSIMはこんな感じ。

が、その人が各種Payのサービスを使おうとするときSMS認証が必要となり、オリジナルの電話番号のSIM抜いてたらダメじゃん!という気づきになり、「あれ?じゃぁ、SIMが2枚入るという香港版のiPhoneなら行けるのか、ちょうど帰りの乗り継ぎは香港だな、でもちょっとまて、つい最近iPhone11Proに変えたばかりじゃん」とか葛藤した結果。。。

はい、こちらを買ってきました。256GBスペースグレー、空港のショップで1台だけ残っていた在庫です。110010,399香港ドルぐらい

箱の裏を見るとちゃんと中国語。ちなみに左側の箱が日本版。

これがSIMカードフォルダ。上の銀色が日本版、下の黒色が香港版。同じくSIMカードフォルダの裏面。日本版にはない、2枚めの受け入れスペースが有るのが見て取れます。早速auのSIMカードを入れ替えて、機種変更処理を終えました。

来年はアメリカに行ったときも従来使っていたJet-fi

ではなく、SIMの2枚刺しで活動してみようと思います。
あと、シャッター音がならないのは何気にすぐわかる「自慢ポイント」ですね。
黄色脳がグリグリ動いた買い物でした。

デジタルガジェットの最近記事

  1. 永久進化!

  2. 脱ハンコ!

  3. 知識伝達!

  4. 引っ越し!

  5. ドロロン!

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。