(株)ヒカリシステム社長 |千葉県中心にパチンコ店、カラオケ店、介護事業、システム開発、YouTube、サイト&動画制作など幅広く経営

  1. 環境整備

相対評価!

第179回目の環境整備点検。

今回は、「物の整頓」に久々に重点をおいて、理不尽な視点での点検項目を設けました。

「市場にはお客様の都合とライバルの勝手しかない」
どれだけ頑張っても、比べる相手、比べるタイミングによって、自分たちの価値は相対的に評価されることを、実体験してもらう狙いです。

電源ケーブル

多くの部門で、乱雑に引かれていた電源ケーブル周りを整頓していましたが、比べてみると順位がついてくる。

一寸隣を除けば、ライバルになる部署の「整頓」のレベルが見えるのに、見ていないのがまともな会社です。まともな会社が退場させられる時代を生きているという自覚が必要。

乱雑に床に張っていたケーブルをラックを使って整頓。
それぞれのケーブルにも名称を振った。
同じぐらい、それ以上に乱れていた配線をこちらも整頓した。
が、見る順番がこちら後。お客様がどちらを選ぶか。
自分たちの中では「よくやった」
ライバルを見ていないと、独りよがりでお客様に選ばれない。

定位置表示

「定物・定位・定数」まずは仮決めをする。誰が使っても同じ場所に戻ってくることが条件です。やってみてから、もっと都合のいい場所に変えていく。

配置に意味をもたせている整頓もあれば、無闇矢鱈に定位置を決めたものも。どちらも使ってみて、結果が出たほうが正しい。

手書きで仮置。シンプルでスピーディーなやり方が最高です。
いちいちテプラにすると、時間もかかるし場所を変えづらくなる。
帰る場所が明確かというと、マウスに番号が見えないのでどこに行くかわかりません。
迷子になりそうなマウス

水平・垂直掲示

「そこまでやるか」をわかりやすい形で表現するには最適です。

パチンコ店にはかならずある傾斜器を活用。
当社店舗の近隣にある100円ショップから水平器が消えたとか。
水平器ではなくピンポン玉とコピーした三角定規で水平・垂直を確保。
ここだけでやっているときは「独自化」「オンリーワン」商品だが、ライバルに真似されると「あたりまえ」の商品になってしまう。
市場にはライバルの勝手しかない。
垂直掲示
よく見ると左端に糸が張ってあり、垂直を示す。
自分たちで「異常」の定義を決めている。
アソシエート(パート・アルバイト社員)全員が(株)武蔵野・矢島専務の本の感想文を提出。
中には3ページに渡って感想をびっちり書いている人も。
「そこまでやるか!?」

「整頓」の実力

一人でやる「整頓」とチームでやる「整頓」は難易度が異次元です。言い換えると、チームで行動しないのであれば「整頓」するためのコストは自分の頭の中の記憶力だけとも言える。

仕組み・システムをデザインする第一歩が「整頓」ですが、よくある失敗の一つに、量をやらない仕事を仕組み化・システム化して、コスト倒れするパターンが上げられますので、この点に注意。

毎日使う、多くの人が使う、そんな物から「定物定位」し、「小さな改善」の掛け算で「大きな成果」を得ていきましょう。

利用頻度の順で手前から奥に並んでいる。

当たり前のレベルが変わり、できることが変わる。
整頓を徹底することで小さな変化に気づく。

重みで生じた僅かなズレに気づき、手を加えることができる人の数が増えることが、市場(お客様・ライバル)の変化に気づき、手を加えることにつながっていく。

まもなく緊急事態宣言も解除される見通しです。
店舗型接客業に対する需要は、何が変わって何が変わらないのか。
ライバルの行動は何が変わって何が変わらないのか。

鍛え上げた感性が大活躍するときは、もう間もなくです。

環境整備の最近記事

  1. 相対評価!

  2. (昭和+平成)×令和!

  3. 整えて備える!

  4. 進化盛衰!

  5. 疾病打破!

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。